生理痛(月経困難症と呼ぶこともあります)を緩和する方法(あれこれと?論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繭り返す方がいいこともあります)としては、とにかく体を温めるということでしょう。特に下半身は、きちんと温めるなさってくださいね。脚を出さないようにするのは当然として、腹巻きやレッグウォーマー、厚手の靴(自分の足に合ったものを履かないと、外反母趾などになる恐れがあります)下などで、冷やさないようにして下さい。ひざ掛けなんかもいいですね。飲み物も冷たいものや砂糖を含んでいるもの、カフェイン(栄養ドリンクにも含まれていることが多いので、成分表記はよく確認した方がいいですね)が入っているものは避けるようにしてください。生理痛(月経時に感じる痛みのことです)を軽減するためには、温かいハーブ(入浴剤やハーブティー、料理など、様々なことに利用されています)ティーをオススメします。個人差はありますが、豆乳を飲み続けるようになってから、生理痛(月経時に感じる痛みのことです)が軽くなったという方も少なくありません。それに、お風呂に浸かったり、足湯(体にかける負担が少ないうえに、血流の改善効果が期待できます)をしたりするのも、血行がよくなって生理痛(月経困難症と呼ぶこともあります)を緩和出来るとなっているのです。また、歪んでしまった骨盤(男女の形状差が大きく、法医学では性別を判定するために調べたりもするでしょう)を矯正したら、ひどかった生理痛(非常に個人差があり、ほとんど感じない人もいれね、日常生活を送ることすらままならない人もいます)が軽くなったと言った場合もあるようです。整体(日本古来の柔術系の技術、中国医学の手技療法系の技術、カイロプラクティックなどの西洋系の技術など、色々な流派があります)や骨盤矯正体操などで、体の歪みを矯正するのもいいでしょう。生理痛を緩和するには、生理中だけじゃなく、常日頃から生活を改善する方がより効果的なのです。食事のバランスに注意して、規則ただしい生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)を送る事で、次にくる生理の生理痛を緩和可能となっていますよ。いそがしくてシャワーですませてしまいやすいそうはいっても、半身浴(冷え性の改善やダイエットにも効果的だといわれています)や全身浴を習慣にすると、生理痛の緩和に限ったことではなく、免疫力の向上に繋がるでしょう。但し、もしも、婦人病が生理痛の原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)だったとしたら、こういった方法を試してみても全く効果がないでしょう。自分の好み通りに努力してみても生理痛(非常に個人差があり、ほとんど感じない人もいれね、日常生活を送ることすらままならない人もいます)が緩和されないようの場合には、ぜひ一度、産婦人科(妊娠や出産を扱う産科と女性特有の疾患を扱う婦人科の両方を扱う診療科のことをいいます)を受診して検査を受けてみて下さいねー